【恋愛?金目的?】日本人がフィリピンでモテるって本当?理由は?

こんにちは、セブぺディア管理人の和久井港(@misanwakui)です。

今回は、私が毎日1度自動ツイートに設定している以下のツイートについて、少し掘り下げてお話したいと思います。

セブ島はまじで来ない方がいいです。日本にいた頃は月100回くらいしかイケメンって言われなかったけど、セブ島では毎日60回以上はイケメンって言われます。街を歩くだけで視線を浴びるのでサングラスが欠かせません。モテ過ぎて困るのでセブ島は来ない方がいいです。

こちらのツイートの真偽についてお話していきます。まず結論から言うと、少し盛ってはいますが、あながち嘘ではないという感じです。

具体的に、1日60回というのは限りなく嘘に近い冗談で言っているつもりなんですが、場所によってはそれも冗談ではなくなるということもあります。

フィリピンで日本人ってモテるのか、セブ島で1年暮らした私が詳細にまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

どんなタイプの女性にモテるのか

まず日本もそうですが、どんなタイプ(属性)の女性に特にモテるのかをご紹介いたします。今回言及するタイプは、(1)一般人(2)プロの人(3)娼婦の3タイプです。

一般人

まずはフィリピンの一般人女性にモテるのかという疑問にお答えしますと、とりあえずモテると思います。これを最も分かりやすくと例えるならば、日本人の多くは、白人やブロンドの女性を見ると美しい。もしくは、男性でも良いですが、白人またはマッチョな外国人を見るとイケメンと言いますよね。実際、その人たちが地元でモテているかはさておき。日本人はそう言いますし、思いますよね。

フィリピン人にとって、日本人はそういった類の人種なのではないかと考えています。まず、東アジアの人々は基本的に肌が白いので、それもイケメンとされる要素だそうです。

また、フィリピンでは韓国のカルチャーがかなり流行っています。食べ物も音楽も、韓国がとても人気です。一方で、日本は昔から人気ですよね。これは完全に勝手な考え方ですが、第二次世界大戦中からフィリピンでは日本を支持する人が多かったのではないかと思います。詳しくはフィリピンの歴史をご覧ください。

ということで、基本的に日本人はフィリピンの一般人にも人気です。主に日本人男性とフィリピン人女性の話でしたが、日本人女性は世界のどこでもモテる印象です。

プロの人

プロの人とは、基本的にキャバ嬢のような人たちのことを意味しています。キャバ嬢にモテない男性はまずいませんよね、店の中で。

では、店の外ではどうなのかといえば、それは日本と同じです。面倒臭い客と思われるか、外でも会いたい魅力的な男性と思われるか。それはあなた次第ということになります。

これは日本もセブも同じですね。

娼婦

ほとんどプロの人と同義に思われますが、一応分けておきます。私の認識では、キャバ嬢は相手の気分をよくして、精神的に満足してもらう職業というイメージです。なので分けておきます。

日本では一度も見かけたことがありませんが、セブでは娼婦に声をかけられることがあります。まあ、これも基本的に接客業みたいなものですので、当然その関係の時は好かれていると思いますよ。お金を出せばモテる。条件付きですが、それをモテるという人にとってはモテるのだと思います。

モテると何が起こるのか

では、セブ島でモテると何が起こるのかをお話していきます。私のツイートでは、モテ過ぎて街を歩けないと言っていますが、それは完全に盛っています。

現実的にはどうなるのか、それをご紹介しますね。

(1)めっちゃ視線を感じる

まず1つ目、「めっちゃ視線を感じる」です。よくドラマや映画、安いCMにある描写ですが、一目惚れしてずーっとその相手を見ていたら壁にぶつかるとか、アイスを落とすとか。あそこまでではないですが、ショッピングモールやレストラン等で、結構目が合うことがあります。それでFacebookを聞くと、やはり教えてくれます。

なので、視線を感じるということはつまりモテているということです。日本では主に変な人がいた時にみんな視線を向けますが、セブでは決してそういう意味ではなく、むしろ好意だと思っていただいて差し支えません。

(2)Facebookで誰が誰か分からない

2つ目、Facebookで誰が誰か分からなくなる。1つ目でも言いましたが、セブではLINEよりもまずはFacebookを交換します。一般人の場合ですが。

それを繰り返しているうちに、誰がどこで会った誰なのかさっぱり分からなくなります。で、どこで知り合ったのかは分からないけどやっぱり君可愛いね〜!な女性に定期的に「hello」とかというメッセージを送るということですね。

(3)なんだかんだで付き合える

最後、モテるとどうなるのか3つ目は、「なんだかんだで付き合える」です。なんかナンパしてきたあなたのことなんか信用できませんよ!みたいなことをしきりに言うわけですが、なんだかんだで付き合えます。

まあ私は付き合ったことはありませんが、一般的には、普通に間違いなく付き合えます。簡単とか軽いとかという意味ではなく、連絡先を交換している時点で興味があるということなので、あとはあなたの努力次第でいけるということです。

あと、付き合うに関してめんどくさいことをご紹介しますと、「コーティング」という期間があるみたいです。

コーティングとは

コーティングとは、男女が付き合う前に男性が女性に対してひたすら尽くしまくる期間のことをいうらしいです。まあ非常に理解不能な制度でして、私も以前にあなたがコーティングしない限り付き合わないとフィリピン人女性に言われたので、じゃあ付き合いません。と言って関係を終えたことがありますが、意味不明ですね。

まあ理解力のあるフィリピン人女性だと「文化の違い」を分かっているので、日本人には求めてこないという人もいるようです。その辺は実際にその状況にならないと分からないですね。

お金目当てとかよく言うが、実際は?

よくフィリピン人が外国人と付き合うのはお金目当てだとかいう話を聞きます。これは日本でもありますよね、年の差だとお金だとか。

私が思うこととして、お金目当てで何が悪いの?ということです。

見た目がタイプだから付き合うとか、性格が好きだから付き合うとか、そのならびにお金持ちだから付き合うがあって、何か不都合はありますかね。

見た目も性格もお金も、その人の一要素であるということには変わりないですよね。例えばイケメンと付き合うと、どうせ顔だけ。とか言われるし、綺麗で性格の良い女性と付き合うと、顔だけとか身体だけ。とか言われるわけですよ。どんなに性格がよくてもね。

そりゃお金持ってる人がどんなに性格良くても、外から見たら金のためと言われますよね。外から分かる情報でしかその人を判断できない距離にいる人、まあつまり部外者ですね。イケメンと付き合う女の子をディスる女は、そのイケメンとは遠いですし、男女逆でもそうですよね。お金持ちもそうですよ。

と、まあ持論を散々述べたところで、どうなのか答えると、それは人それぞれですね。私の日本人の友人でもフィリピン人と付き合っている人がいますが、彼女たちがお金目当てには全く思えませんね。普通に恋愛をしているようにしか見えません。よく行くカフェの女店長はいつも外国人と付き合っていますが、お金目当てには見えません。

多分ですが、日本人が普通に生活している範囲で出会うフィリピン人ってそんなにお金目当てな人はいないんじゃないかと思いますね。まあ、私の周りがまともな人が多いのか、それは知りませんが。

女性以外にモテることもあるのか

あります。男性にモテることもありますし、バイセクシャルの人にモテることもあります。割と普通なことです、というか、多いんですよ。

フィリピンでは昔、男性と女性以外にもう1つ性別があったそうです。それがカトリックに改宗したことで男女しか許されなくなったんだとか。そんな歴史もあるからなのか、LGBTQは非常に多いです。

で、まあ彼らにモテるからといって何か被害を被ることはないんで、別にいいんですが。たまに「こわい」と思うことはありますよね。すごい積極的なゲイの方に友達が言い寄られていたのですが、怖がっていましたね。

結構腕を回されたり、まあ顔を触られたりと。あれは普通にいやですね。

女性か女性でないかを見極める「one word」

で、まあ最近だと女性か女性でないかよく分からない圧倒的なクオリティのレディボーイとかもいるんですよね。で、まあ別にどっちでも害はないんですが、一応見分け方があります。

これはセブ島に来て以来の大発明だと自分では思っているのですが、ナチュラルボーンレディが絶対に言わないことを彼らは言います。

それが、その言葉とは

「you’re so cute!!」

です。

フィリピンは、基本的に男性はたくましいもの、女性はお姫様という考えの方が多いです。付き合いが長引くに連れて「cute」が出てくるのはわかりますが、会ってすぐに「cute」というのは、もう100%、いや、1,000%レディボーイです。

まあ、だから何って話なんですけど、とりあえず見分け方はこれで完璧ですからね。

まとめ

以上、日本人はフィリピンでモテるのか否かという話でした。

基本的にはモテます。なぜですか?それは、日本人が白人を見るのと同じ感覚ですよっていう感じですね。

ということで、フィリピンで日本人はモテると思いますが、非人道的なことはしないでくれよ日本人!というお話でした。読了ありがとうございました。

関連記事

  1. 【明るくて優しい?】セブに1年住んだ僕が考えるフィリピン人の性格

  2. 【日本とフィリピン比較】トイレの使い方で分かる文化の違い

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR

  1. 【セブ島のギタリスト】新里陽平氏に聞いた海外でバンドをやる難しさ

    2019.09.02

  2. 【電源プラグから出火】セブ島で起きた大火災現場に潜入・悲惨な現…

    2019.08.18

  3. 【おすすめ】セブ島のオールブルーでダイビングライセンスを取得【…

    2019.08.18

  4. 【経験者が語る】セブ島移住に必要は英語力は「中学生レベル」でok

    2019.07.19

  5. 【移住2年目】セブ島の1ヶ月の生活費を解説します【ビザも解説】

    2019.07.18

  1. 【セブ島のギタリスト】新里陽平氏に聞いた海外でバンドをやる難しさ

    2019.09.02

  2. 【おすすめ】セブ島のオールブルーでダイビングライセンスを取得【…

    2019.08.18

  3. 【経験者が語る】セブ島移住に必要は英語力は「中学生レベル」でok

    2019.07.19

  4. 【移住2年目】セブ島の1ヶ月の生活費を解説します【ビザも解説】

    2019.07.18

  5. 【独身男が1日育児体験】セブ島で子育てって大変なの?移住はあり?

    2019.07.01